脱げないヘルメット。

硬い太い多い三拍子な日々

【音楽】歌声愛好者に送る、夜に聴きたい女性ボーカル曲10選

スポンサーリンク

夜、家族が寝静まったあとにヘッドホンで聴く音楽に癒されています。

f:id:helmet_mom:20161221195213p:plain

気がつくと女性ボーカルものばかり聴いていたので、そのうち10曲についてリストアップしてみました。

今回の曲はiTunesで配信されているものだけに絞りました。

 

北風小僧の寒太郎/やくしまるえつこ

やくしまるえつこ嬢の曲はどれも好きすぎて選ぶのが難儀ですが、冬の夜にしぼってこのカバーを。

眠ってはいけない状況のなかでずっとこの曲を聴かされたらまったく勝てる気がしません。

噂によるとやくしまるえつこ嬢はライブの合間にミネラルウォーターをものすごくたくさん飲むらしいのですが、これだけの周波数を含む歌声を出すためにはやはり多量の水分が必要とされるのでしょうか…。一度ライブで聴いてみたいと思うボーカリストのひとりです。

 

Woman"Wの悲劇"より/薬師丸ひろ子

Woman

Woman "Wの悲劇"より

ひろ子さんのほうです。映画は未見です。

高音で伸ばすときにかかるビブラートがたまらないんです。風車がくるくるっと回って綺麗な模様を描くように、サビのところはビブラートに次ぐビブラートで次々と綺麗な模様が描かれていくような気がします。

作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂松任谷由実)という名曲にならないはずがないタッグ。

 

Moon River/手嶌葵

Moon River

Moon River

手嶌葵さんによる映画楽曲のカバーアルバムが好きで好きで、それはきっとアコースティックのシンプルな伴奏であることと、英語で歌われているからなのかなと思い当たりました。

手嶌葵さんの日本語の歌もいいですが、英語だと声のふわふわ成分がより生かされてる感じです。

全く関係ないですけど、昔「ミュージックステーション」で手嶌葵さんがタモリさんに『お酒けっこう好きなんだって?好きなおつまみはなに?』と聞かれて、とても深く響く素敵な声で『エイヒレです。』と答えていたことを突然思い出しました。すごくいい声だったなぁ。

 

茨の海/鬼束ちひろ

茨の海

茨の海

なんだかすごく慰められる曲です。

「月光」や「infection」などももちろん好きなのですが、「茨の海」は感情が爆発しきった後の諦念にあふれているような、すべての思い出を透明な膜で包んで自分は茨の海に浸って震えているような感じがします。

 

Paralyzed/The Cardigans

Paralyzed

Paralyzed

偉大なる声フェチプロデューサー、トーレ・ヨハンソンの手によって繰り出されたカーディガンズの四作目のアルバム「グランツーリスモ」に収録されています。

ニーナのほろ苦さを含んだキャラメルのような歌声は明るい曲(Lovefoolは有名ですね)やノスタルジックな曲(carnivalも名曲すぎますね)でも一瞬にして聴いた人の心に中世の古城を築き上げてしまうような歌声なのですが、この曲の暗さもまたオツです。長く伸ばすところが好き。

 

三日月 2016ver./絢香

三日月 2016 ver.

三日月 2016 ver.

絢香さんが自身のシングル「三日月」を10年ぶりにカバーしたものです。

下の2006年リリースバージョンと比べてみても明確ですけど、絢香さん、歌声すごい変わりましたよね?

↓こちらが2006年にシングルリリースしたものですね

三日月

三日月

この頃の歌声は真っ直ぐで一本気。強い意志を感じます。

最近のはより深く豊かな歌声になったというか…とにかく最近の絢香さんの歌声がかなり好みで聴きまくっています。

 

回復する傷/Lily Chou-Chou

回復する傷

回復する傷

Salyuが映画「リリイ・シュシュのすべて」の歌手としてリリースしたアルバム「呼吸」に収録されている曲です。

音楽プロデューサーは小林武史。鬱々とした映画の世界観もありながら、主人公が救いを見出すLily Chou-Chouとしての真っ直ぐで飾らない歌声が本当に素晴らしいです。

 

a Corner of World's End/waa

a Corner of World's End

a Corner of World's End

  • waa
  • シンガーソングライター
  • ¥150

台湾のアーティスト、魏如萱こと愛称waaさん?でいいのかな?

…すみません、ご紹介できるほどはよく知らないんですがとても素敵な歌声なのです。

むかしネットのお友達にすすめられて聴いてから好きになりました。

中国語(…でしょうか?)の響きが美しく、歌声好きにとってもたまらないものがあります。アルバムには明るいポップ調の曲もあり、この曲は終末感が漂っていて一日の終わりに聴くのにも最適です。

 

log-in/strawberry record 

log-in

log-in

  • strawberry record
  • J-Pop
  • ¥200

まさかストレコがiTunesにあるなんて…という驚き。

ストレコことstrawberry recordは残念ながら今はもう活動停止してしまったバンドなのですが、世界観と小町さんのボーカルが好きで一時期そればかり聴いていました。

曲や歌詞はわりと鬱々として(誉め言葉です)いるにもかかわらず暗くなりすぎないのは、小町さんの歌声のキャラクターならではなのかなと思います。

イメージとしては、か細い女の子がひとりでたたかっているような感じ。そこに自分を重ね合わせるのも、救いを求めるのも、聴く人次第な歌声です。

 

Boadicea/Enya

Boadicea

Boadicea

歌詞がずっと「ンーフーーーンフーーンフー」といった感じでとても癒されます。

意味のある歌詞を聴く元気も残っていないほど疲れているけれど、人の歌声が聴きたいな…という夜に一押しです。 

 

選に漏れてしまった曲たち

iTunesで配信されていない、販売CDが見当たらないなどの理由で見送られた曲です。

ルージュになりたい/梶谷美由紀

テレビの深夜放送で流れていたPVで惚れた曲。Dubってるサウンド(朝本浩文さんのつくる音楽の私的ヒット率は高すぎでした)、めちゃ可愛らしい声、最高の一曲です。アニメ「赤ちゃんと僕」のエンディングテーマだったらしい。

太陽と虹の丘/ぴよぴよ

アニメ「らんま1/2」のエンディングテーマでした。昔、松任谷由実のオールナイトニッポンで、リスナーが電話でユーミンの知らない曲をユーミンに教える、というコーナーがあったのですが、そこでこの曲のときがあって、ユーミンが「感動的な歌声ね」と言っていたのが印象に残っています。ほんとうに感動的な歌声なんですよね。

Joker Dream/POP'N STAR

これはiTunesで配信されているのですけど、歌い手の声優さんが男性なことと、深夜に聴くには若干アップテンポなことから今回は見送らせていただきました。でもすごいかわいいんです心ちゃん。

 

それでは皆様、よい音楽ライフをお過ごしください♪

 

 

 

helmet-day.hatenablog.com

helmet-day.hatenablog.com